低金利で利用したい人は銀行がおすすめだが・・・

money

消費者金融や信販会社のキャッシングやカードローンを利用している人が多いですが、複数の金融機関に債務がある場合は、ひとつの金融機関にまとめたほうが金利の面でお得になり、返済計画を立てやすくなります。

ローンをひとつにまとめるメリットは、返済日が決まっているため、支払いを忘れてしまったり、延滞をするのを防ぐ効果があります。

どこがいいかと、迷っている人が多いですが、なるべく低金利で利用したい人は、銀行がお勧めです。銀行は審査基準がやや厳しくなっていますが、低金利で利用できるので、返済の総額を減らすことができるため、確実に元金を減らしたい人に向いています。

インターネットを利用すると、WEB上で審査が受けられるので、申し込んでみると良いでしょう。20歳以上で安定した収入があり、勤続年数が長い人は、金融機関の信頼が厚いので利用しやすいです。

3社ぐらいの金融機関を利用している場合でも、借金の総額が少ない場合は、審査に受かりやすいです。

多重債務が出来てしまい、悩んでいる人が増えていますが、なるべく債務整理をしないで、借金を完済したい人にお勧めです。保証人や担保などは必要がないので、友人や家族に迷惑を掛けずに利用できます。

大手銀行はもちろん、地域に密着をしている地方銀行や、インターネット銀行などでも、おまとめローンが利用できます。

じっくりと複数の金融機関を比較して、なるべく金利の安い所を選んで下さい。自宅からなるべく近い金融機関を選ぶと、利便性が高いのでお勧めしたいです。

銀行は未成年や年金受給者は利用しにくい

おまとめローンを利用したい人が増えていますが、どこがいいか悩んでいる人が少なくありません。20歳以上で安定した収入のある人が利用できますが、カードローンやキャッシングと同様に年齢制限があります。

銀行の場合は20歳未満の未成年者は利用できないですし、65歳以上の年金しか収入のない人は利用が難しくなっています。

消費者金融の場合でも、未成年者は利用できませんが、65歳以上でも定職に就いている場合は、利用できる可能性があります。

テレビや雑誌などでおなじみの大手消費者金融の場合は、高齢者の利用が可能になっているため、一度審査を受けてみると良いでしょう。

高齢になっても、日常生活でお金が必要になる場合もありますし、定職に就いている場合は利用できる可能性があります。

消費者金融の場合でも、70歳以上の人は利用が難しくなっています。

キャッシングやカードローンは、店頭に足を運ばなくても、インターネットのWEB上から、利用できるので利便性が高いですが、ついついお金を借りすぎてしまい、多重債務に陥ってしまう場合があります。

お金を借りる時は、きちんと返済ができるか、考えてから利用する必要があります。

おまとめローンは、新たに借り入れをしたい人には向いておらず、借金を積極的に完済したい人におすすめの商品です。

自分の年齢やライフスタイルによって、最適な金融機関が違ってくるので、じっくりと考えることが大事です。消費者金融も、金利は適正になっているので、計画的な利用ができる人にお勧めです。

多重債務のある人にはメリットあり

023

おまとめローンは、多重債務出来てしまった人に、金利の負担を減らしたり、返済日を特定することで、借金の総額や残高を把握しやすくなります。

銀行や消費者金融などの金融機関で利用できますが、どちらにも長所と短所があるので、自分に合った商品を選ぶことが大事です。借金をひとつの金融機関にまとめることで、低金利で利用できるなどのメリットがあります。

任意整理や個人再生などの債務整理を依頼すると、借金の総額を大幅に減らすことができますが、一定期間は新たにクレジットカードを作ったり、キャッシングやカードローンも利用できなくなります。

最終的に返済不可能な場合は、債務整理を検討する必要がありますが、比較的少額の債務の場合は、きちんと返済する努力が大事です。

おまとめローンが利用できる銀行や消費者金融が増えているので、関心のある人は電話などで問い合わせをすると良いでしょう。

安定した収入がある会社員や、公務員、医師、弁護士などは、社会的な地位も確率をしているので、利用できるケースがほとんどです。

おまとめローンは、長期的な借り入れも可能になっており、ライフスタイルに合った返済計画が立てやすくなっています。1パーセントでも金利の低い、金融機関を選ぶと、数年間の間には返済総額に大きな違いが出てきます。

地元で評判の高い地方銀行や、大手都市銀行は、幅広い年代の人が利用しているので、安心して利用できます。

おまとめローンはどこがいいか、悩んでいる人が多いですが、信頼性の高い銀行が高い人気があります。

借金の返済を遅延させてしまうと、債権者に大きな迷惑を掛けてしまうので、計画的にお金を借りることが大事です。

おまとめローンは年収3分の1を超えてもOK?

ローンをまとめるおまとめローンは、言ってみれば新たに借り入れを増やすという手段。

ざっくりした考え方は、50万円ずつ3社から借りている時に、150万円調達してすべてを完済し、新たに150万円を返済していくというものです。

ここで気になるのが年収3分の1を超える借り入れは出来ないという、総量規制対象の法律です。例で言えば、すでに150万円借りている人が、更に150万円を借り替えるという時点で無理があることに気付きますよね。

明らかに年収3分の1を超えるだろうと推測されますが、答えを言えば、おまとめローンは総量規制の対象外の「例外」にあたります。こちらの総量規制対象外カードローンがおすすめですので、参考にしてみてください。

ただし、利用者がまとめる前よりまとめた後のほうがより有利になることが条件。例えばまとめる前の金利よりまとめた後の金利のほうが低い場合は有利ですよね。

もしくは、いま現在の月々の返済額がまとめることで少なくなるなら、生活費の圧迫が減って生活が安定するという有利があります。

条件と言えばそれだけで、国も利用者にとって良いことなら、例外的に認めましょうというのがこの考え方です。それだけ聞くと、ローンはまとめたほうが絶対に得だと考えるのは当然かもしれませんね。

ただ、やはりお金を借りるということは、無条件に誰でもOKということにはなりません。まとめるためには当然審査がありますし、通るとは限りません。傾向としては、あまりにも借り入れ件数が多い場合、審査には落ちやすくなると言われています。

一概に言えませんが、可能ならまとめるためにも自分である程度は完済して、件数を整理しておくことが大切でしょう。

いくら借りていると審査に落ちてしまうのか

092179

前述の通り、借り入れ件数が多いと審査には不利となるのがセオリー。では何件くらいだと落ちやすくなるのでしょうか。一概に言えませんが、統計的に3~4社以上の借り入れ件数があると、敬遠される傾向にあるようです。

5件に及ぶと、かなり落ちる可能性が高いです。クレジットカードのキャッシング枠もプラスされますので、クレジットカードを何枚も使っている人はそれも件数に入れたほうが良いでしょう。

クレジットカードは、ショッピング枠は計算に入れられないのが基本ですが、キャッシング枠は通常の借り入れとみなされます。住宅ローンは除かれるのが一般的ですが、その他のローンがある場合も同様にカウントされると考えたほうが良いでしょう。

中には借り入れ件数は関係しないと言っている地方銀行などもあるようですが、実際のところはわかりませんし、審査に通るとも限りません。年収3分の1を超える額でローンをまとめる場合、利用者が有利になることが大前提です。

つまり、まとめる前より金利が上がってしまう可能性の高い消費者金融系では、そもそも契約不可となってしまう可能性も高いのです。そうなると、結局はまとめる先は銀行系になりがち。

なんとも歯がゆい部分はありますが、いずれにせよ希望融資額にたどり着けるかどうかはわかりません。とにかく審査を受けるなら、まずは借入れ件数を整理する必要があることは間違いないでしょう。

借り入れ件数以外の要素で審査落ちする理由

結論から言えば、ローンをまとめたいなら、年収や借り入れ件数を心配する前に気にしなければいけないのが収入の安定性です。何を持って安定とするか、それは額ではなく、月1回以上定期的な収入があるかという問題。

例え高額の収入が過去続いていたとしても、2~3ヶ月に1回など、不安定な場合は審査に落ちる可能性があります。

中には収入のペースが不定期なだけでは問題にはならないという銀行もありますが、その場合は金額の大小が関係して来るでしょう。例えば、2~3ヶ月ごとにだいたい50~60万円の収入が見込めるという場合なら、不定期でも通る可能性があります。

でもこれが1万円だったら、おそらく審査には通りません。また、その収入がどんな属性かによっても審査には影響があります。

一番歓迎されるのは給与収入や事業収入、これが不動産収入になるとだんだん怪しくなって来ます。投資になると更に不安定、近年人気のアフィリエイトや内職は、安定からは程遠い収入とみなされます。

年金や配偶者の収入などは各社判断が分かれますが、安定性を証明するなら自営業者として事業登録をするか、確定申告書を揃えるしかありません。

投資やアフィリエイトには波があり、良い時にはとても良くても、いつどうなるかわからないのがネック。申し込みも不可となるほどではありませんが、通らないケースのほうが多いことは覚悟しておく必要があります。

それでは日雇いアルバイトの場合どうなのかと言うと、これも収入が1日単位なので安定とは判断されません。

勤務形態で認められのは、正社員や契約社員、派遣社員などは当然のごとく優良判定。最近ではパートでもアルバイトでも一定期間があれば良い判定になる傾向。月に1回決まった形で給与が支給されるのが、評価されるポイントです。

ローンをまとめたいなら、収入の額だけでなく、職種や働き方も含めて収入面から考える必要があるということですね。